副作用は考慮せずに服用できる肝パワーEプラス!

「新入社員歓迎会、花見、接待、打ち合わせ、忘年会、新年会、一年中呑む機会はあるけれど昔のように呑めなくなった!」

 

「疲労感が抜けなくなってリカバリーするのが遅くなった、正直若返りたい!」

 

こんな切実な願望をお持ちの方は多いはずです。

 

最近若くなくなったと感じるシニア層からヤング層まで老若男女の元気でいたいという願望を具現化することが可能なサプリメントです。

 

肝臓の機能をリカバリーの手助けをするのは勿論肝機能を整えてくれます。

 

インターネット、ECサイトで購入できるため、欲しい時にすぐ入手可能なのは魅力です。

 

プラシーボ効果じゃなくて本当に効果あるんだろうか?

 

良く効くの強力なサプリメントなら代償に副作用あるんじゃないの?と思わずにはいられない人の意見も至極あるはずです。

 

購入を迷われている方のために『肝パワーEプラス』には果たして副作用があるのかを検証してみました。

 

服用による副作用の心配はないというのが結論だと言っていいでしょう。

 

 

肝パワーEプラスには、主に以下の素材が使用されています。

 

 

  • 安芸 名産の牡蠣
  • 信州 特産のジャンボにんにく
  • 紀州和歌山 名産の南高梅

 

これらの素材は昔から滋養強壮、向精力剤の食材として知られています。牡蠣、にんにく、南高梅はそれぞれ食べるだけでなく、エキスとしても抽出され利用されているものばかりです。

 

身体にいい滋養強壮、精力剤に使われる素材で構成され、ズバリ安心して服用して問題ないと言えるでしょう。

 

但し『肝パワーEプラス』自体には副作用がなくても服用の仕方で稀に副作用が発生した、『肝パワーEプラス』が原因かと感じさせる症状が起こる可能性もあります。これはあらゆるサプリメントでありがちなのですが、過剰摂取による障害です。特に脂溶性のビタミンは吸収されやすく、尿中へ排出されないために過剰症を起こす可能性があります。

 

人によっては効果が無いといった報告も…

 

肝機能回復に有用な成分が多数配合されているのですが、なかには思ったほどの効果はなかった、全く効き目がなかった、簡単に疲れがとれたら苦労しないなどの意見も少数ですがありました。

 

薬やサプリメントの効き目には個人差があります。

 

即効で効果を実感できる人もいらっしゃいますし、肝臓機能の回復途上で効果を実感する前に服用をやめてしまう例もなかにはあります。肝臓の状態には当然個人差があるのも事実です。

 

 

肝臓はタフな臓器だと言われますが『肝パワーEプラス』を購入すれば、必ずすぐに効果が出るというわけでは無く、継続して飲むことを意識するといいでしょう。

 

不安な方はまずはお試しセットから

 

『肝パワーEプラス』が実際に自分に合うんだろうか?また飲んでみたいと興味を覚えた人にはお試しセットから入ってみるのをお薦めします。

 

『肝パワーEプラス』の5日分を格安で購入することができるというものです。休肝日の定義では週に2日程度禁酒する日を設けるといいのは既知の事実ですが、前述した通りタフな臓器でもありますので、短期間でもある程度の方は効果を実感できるはずです。

 

通常5日分は1,500円ほどですが、お試しセットであれば送料、手数料無料で980円(税込)で購入することができます。

 

まずはお試し価格で購入して、効果を少しでも実感できたら続けてみることをお薦めします。

 

肝パワーEプラスの飲み方において注意したい5つのこと

 

肝パワーEプラスには副作用の心配はないものの、飲み方において注意したいことが5点ほどあります。

 

ここではそれらの注意点について詳しくお伝えしたいと思います。

 

一日の摂取目安量を守る

 

肝パワーEプラスの使用は一日3粒(一袋分)が原則となっています。

 

効果を求めてたくさん飲んだからといって、それだけ健康が促進されるわけではありません。

 

むしろ「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」で、飲み過ぎは効果がないばかりか、体にとって負担となります。

 

肝パワーEプラスは一日の使用量として一袋に錠剤が3粒入っています。

 

朝、昼、晩の食事の前に一粒ずつ飲むのが効果的です。

 

また、飲むときは水またはお湯とあわせて飲むことが勧められています。

 

過剰摂取をしない

 

先述の「一日の摂取目安量を守る」と少しかぶりますが、過剰摂取を避けることも大切です。

 

たとえば、肝パワーEプラスの原材料のなかには、亜鉛を多く含む食べ物の代表格でもある牡蠣が使われています。

 

亜鉛そのものは傷の回復を早めたり、DNAの合成や各組織の新陳代謝や成長に必要な成分です。

 

亜鉛が必須成分となっている、体内で機能する酵素は三百以上あるといわれています。

 

亜鉛が不足するとタンパク質の合成や細胞分裂がうまくいかなくなり、味覚障害や様々な健康障害を引き起こします。

 

体になくてはならない亜鉛ですが、摂り過ぎも銅(ヘモグロビンの材料となったり、骨の形成を助ける成分)の吸収を妨げて銅欠乏性貧血や腹痛、吐き気、免疫障害等を引き起こすことがあります。

 

一日3粒(一袋分)以上のご利用は過剰摂取につながる可能性もあり危険です。

 

使用上の用量は守るようにしましょう。

 

お酒と一緒に飲まない

 

パーティーや飲み会など、お酒をたくさん飲むことが予想される場合、肝パワーEプラスをどのタイミングで飲むのかというと、お酒を飲む前です。

 

肝パワーEプラスは基本的には肝機能の回復を助け、強化し、二日酔いになるのを予防するために飲むサプリだからです。

 

肝パワーEプラスをあらかじめ飲んで、その働きが効いているときにお酒を飲むのがベストで、お酒と一緒に飲んだり、お酒を飲んだあとなどアルコールが効いているときに飲むのはあまり効果が期待できません。

 

また、脂っこい料理を食べるときなども、あらかじめ肝パワーEプラスを飲んでおくと肝臓の負担を減らしてくれて効果的です。

 

肝パワーEプラスの効果的な飲み方は「飲酒や食事をする前」と覚えておくとよいでしょう。

 

食物アレルギーのある人は注意が必要

 

副作用はない肝パワーEプラスですが、食物アレルギーのある人は使われている原材料によってアレルギー反応を引き起こしてしまうかもしれません。

 

商品に使われている原材料については公式サイトにも掲載されているので、アレルギーの不安のある方は、商品を購入する前に前もってチェックしておくとよいでしょう。

 

他のサプリメントや薬との飲み合わせにも注意する

 

肝パワーEプラス以外にも他のサプリを飲んでいたり、薬を服用している場合、効果が減弱されたり、予期せぬ作用を招く危険性があります。

 

たとえば、抗HIV薬や抗結核薬を服用している人が肝パワーEプラスを飲むと、薬の効果が弱まる可能性が指摘されています。

 

また、抗血小板薬 経口抗凝固薬を服用している人が肝パワーEプラスを併用すると、出血や青あざ(紫斑)が生じる可能性も指摘されています。

 

飲み合わせに不安があるときは医師に相談することが勧められます。

 

副作用はない?飲み方や成分・効果を検証!まとめ

発売開始して30年以上が経過している販売実績のあるものですので、副作用はありませんが、過剰摂取やアレルギー、その時の体調などによって身体がなんらかの反応を示す可能性は完全にゼロだというわけではないです。

 

きちんと服用量と使用法を守ってある程度継続していけば、肝臓の自己回復機能をサポートし、肝機能を正常な状態にし維持していくことが可能です。

 

30年以上の販売実績に加え、6年連続日米でハイクオリティ認証をはじめ、モンドセレクション金賞も多数、昨年はスペインで受賞した実績があります。

 

これらの実績は副作用が気になる方でも安心して購入できる要素です。

 

パワフル、ハッスル、元気ハツラツ、言葉は移り変わっても『肝パワーEプラス』は30年以上変わらず活力を求める人の味方です。

↓↓↓肝パワーEの5日分セット980円お試しはこちら!↓↓↓